食材を探していると興味が出できます、とことん調べていくと食材と共に生産者に惚れてしまいます。

食材を生産するのはプロで料理をするのもプロです、食材を通して「縁」がうまれます。

お互いは更に良い物を作り出していく良い関係性が生まれているのです。

扱っている食材の裏にはこだわりでは表せない物語があります。私は「縁」から引き継いだ大好きな食材を組み合わせ大事に調理してお客様に料理として提供したいと考えております。



キタワセソバ:牡丹ソバから選抜の新品種平成元年に蕎麦で登録された初めての農林一号



わさび:東京都奥多摩

歴史は古く江戸東京野菜として認定される

・川苔山産は標高も高く希少性がある。



鰹節:鹿児島県指宿市山川 「本枯れ節」生産日本一

鯖節:枕崎・房州  



アワビ茸:東京都桧原村・標高が高く自然の環境に近い、こだわりぬいて栽培しているキノコ




自然薯:山口県柳井市(女将の実家)にある政田自然農園。

自然薯栽培発祥の地として有名です。

玉子:蛍の里 七国峠のさくら玉子として有名。手つかずの自然環境の中、消費者の立場から安全でおいしいを貫いている。創始者は元お医者さん